院長のコラム

TV観るなら俺達見ろよ!

2012海陽祭

公式パンフレットの表紙です。

c9u01

 今年も、9月22日と23日に行われた海陽祭に参加してきた。今回のテーマは「TV観るなら俺達見ろよ!」、3期生が主体の7回目の海陽祭である。

2期生が主体の昨年は、2期生の1期生に対する葛藤を垣間見たような気がした。海陽学園を語る時、道無き道を歩んだ1期生、その保護者の努力を抜きにして語ることはできない。1期生は、東大現役合格13人という新設校東大合格者数の金字塔まで打ち立てた。自ずと、2期生も同程度の合格者が期待される。この重圧たるや、第三者である僕でさえ、想像するだけで胃酸過多になり気分が悪くなりそうである。
一方、今回は妙に肩の力が抜けたものであった。先輩に対する気負いがなく、我が道行く感が出ていたように思う。ただし、この点が3期生の長所であり短所かもしれない。そんなことを考えながら、一世を風靡した「だんご3兄弟」の歌詞を思い出した。
♪弟想いの長男、兄さん想いの三男、自分が一番二男、だんご3兄弟♪

夏休み中、帰省していた長男は、部屋にこもってメールやskype、電話を頻回にしていた。自主性に任せているとはいえ、出されていた宿題は必ずするよう帰省直後から忠告していた。しかし、あまりに勉強している雰囲気がないので、「PCを触るなら自分の部屋ではなく、みんなの居るリビングで使うように!」と注意したところ、「学園祭の関係の仕事を次から次に頼まれて大変なんですよ!!」と憤りの答えが返ってきた。どのような仕事をどの程度任されているのかさっぱり知らされていない父親は、思わず「学園祭と宿題とどっちが大事なのか、学生の本分は勉学だ!!!」となじった。

学園祭に参加してようやく事態を把握出来た。
長男が関与した資料を見るやいなや、心の中で「お疲れ様でした!」と喝采した。内容はともかく、彼が精一杯懸命にした仕事がそこに刻まれていた。感心することがもう一つあった。長男が友人とバンドを組んで「Rock in Kaiyo」でミスチルを演奏したのだ。雨のため、本来なら中庭で演奏されるはずのバンド演奏が食堂で行われることが決まり、しかも予定よりも1時間早い演奏となった。我々夫婦も急遽早い目にホテルを出発しなければならなくなった。そこで演奏された「箒星」と「シーソーゲーム」は、僕にとって思い出の曲になった。ボーカル、ベース、ドラム、キーボード、そしてギターの5人が気持よく楽しそうに演奏している姿を見て、こちらまで笑みがもれた。
次男は、クラブの売店の手伝いに演劇の裏方と何かと忙しいようで、園内で見つけることは容易でなかった。期待されていたハウス演劇は、残念な結果に終わった。その結果を振り返ってという内容の、生徒個々の反省文がハウスマスターから後日メールで送られて来た。後悔よりも反省を、臥薪嘗胆、捲土重来といった言葉が多数用いられ、中学生とは思えない内容に唖然とした。普段言葉数が少ない次男も、前期最上級生としての自覚がようやく芽生えて来たようで更なる成長に安堵した。

誤解のないように言えば、僕はこの学園を絶対視している訳ではない。しかし、授業参観時に授業内容や生徒の取り組み方を目の当たりにすれば、自身の中高生時と比較して雲泥の差があることを認めざるを得ない。今回も学園祭に参加してみて、自身、息子達のように学校行事に真面目に真剣に取り組んだろうかと考えたら、恥ずかしくて情けない気持ちになった。とともに、羨ましく嫉妬を覚えた。学園を訪れる度に、いつも思うことである。願わくは、この環境下で息子たちが自分で自分の進む道を決定して、その夢を実現化してくれることである。次回帰省する際は、こう言いたい。
TV(PC)観るなら教科書見ろよ!

いつも楽しみにしている学園祭恒例の団扇です。
公式パンフレットは!マークが!!、公式ポスターは!、
これも学園独特の裏技かな???

c9u01_2

長嶋雄一クリニックお問い合わせ

診療科目 内科・消化器科・胃腸科
診察時間
午前8:00 ~ 12:00 -
午後12:00 ~ 16:00 - - -
休診日︓第2・4 週 土・日/ 祝 水・土午後